秋から冬にかけての空いてる賃貸

秋から冬にかけての空いてる賃貸

賃貸契約における大事なチェック事項

賃貸物件を見つけたら、不動産会社に内見をさせてもらって、気に入ったら入居審査を行います。審査が通ったら、不動産会社との契約を行うことになります。この時、不動産会社が契約についての注意事項をまとめた重要事項説明書と、大家さんとの賃貸条件を定めた契約書のそれぞれについての説明を受けることになります。この時、しっかりその内容を確認しておかないと、後々のトラブルが発生したときに問題となってくることになります。面倒がらず、キチンと説明に耳を傾けて、少しでも疑問に思ったことは、必ず確認しておくようにしましょう。

初期費用については、初月の家賃や共益費、敷金礼金がどれくらいかかるのか、仲介手数料や保険料、その他に必要となる費用がないかを確認しておきます。また家賃の支払時期と、その方法について確認しておくだけではなく、滞納が発生してしまったときには、どのような対応が必要となるのか確認するようにしましょう。

また契約の更新時には、更新料が必要になってくるのかということや、退出時の原状回復義務の範囲について、またそれについての特約があるのかということも大事な確認すべきポイントとなってきます。その他、どのようなことでも、疑問に思ったことのはその時点で確認するようにしましょう。

比べてお得!

Copyright (C)2017秋から冬にかけての空いてる賃貸.All rights reserved.