秋から冬にかけての空いてる賃貸

秋から冬にかけての空いてる賃貸

賃貸物件を探すのに一番良いのは何月か

賃貸物件を探すのに一番良い時期とは何月なのでしょうか、賃貸業者さんに聞いても口を揃えたかのように今が一番ですと言うでしょう。商売なのですからいつでも売上を上げたいものです。繁忙期と閑散期というのが賃貸業界にはありこれらを説明すれば答えが出てくるかもしれません。

繁忙期と言われる10月から3月は、1年の中で一番忙しい時期になり、地方から上京してくる方達が最も多い時期です。新規の入学生や就職が増え単身者向けの1K、1DKやワンルームの契約が人気となり、ですから契約家賃も一番低い時期です。次に4月から6月、この時期は市場が独身向けからファミリー層に変わります。6月のウェディングシーズンまでファミリーの新居を探す為の部屋探しが増えるのです。最後に7月から9月は、梅雨にも入り閑散期といわれます。ですが近年、一年中転勤をする会社がありますのでそれなりに売り上げはあります。また6月程では無いですが10月にも結婚月と言われていますので家族が住みやすい2DK以上の部屋が契約されます。結論を言ってしまえば賃貸物件を探すのに一番良い時期と言うのは無く、人それぞれの都合、目的に合わせて引っ越しをする時期が良いのではないのでしょうか。

Copyright (C)2017秋から冬にかけての空いてる賃貸.All rights reserved.